一汁一菜でよいという実践

青木村のじかん

2016年3月に信州青木村にIターン移住

【青木三山】十観山(十観山コース)に登ってきたよ

先日の子檀嶺岳に続き、今回は十観山に登ってきました。

 

gyogo.hatenablog.com

 

十観山は標高1284m、青木三山でいちばん高い山です。

青木村ではパラグライダーができるのですが、そのテイクオフ地点があるのが十観山です。

 

f:id:gyogo:20171005193030j:plain

 

十観山にはルートが2つあり、今回は時間が短い「十観山ルート」を選びました。

 

f:id:gyogo:20171005192928j:plain

 

村営横手キャンプ場そばにある駐車場に車を停めます。

このキャンプ場、バンガローがなかなか立派です。

住んでいると泊まる機会はまずないですが、ちょっと興味があります。

 

f:id:gyogo:20171005193014j:plain

 

山栗がたくさん落ちていました。

登山道は「栗銀座」「どんぐり銀座」という様相を呈していました。

 

f:id:gyogo:20171005193206j:plain

 

この看板が立っているところから林道に入っていきます。

 

f:id:gyogo:20171005193231j:plain

写真:車を降りてすぐ「寒い、寒い」と言い出した長男、まんまと上着を忘れてきていたので、わたしのジャケットを貸しました。黄色いカオナシみたい。

 

途中、信州昆虫博物館へ向かう道と分岐します。

村の診療所の先生は昆虫にとても詳しくて、標本や蔵書などをこの信州昆虫博物館にたくさん寄贈されたとか。

昔は農協の保養所だった建物が、博物館になっています。

 

f:id:gyogo:20171005193454j:plain

 

途中、森が途切れて眺めのいい場所があります。

おそらく、パラグライダーのテイクオフ地点の下に位置するのではないかと思います。

(テイクオフ地点は木が伐採されて草地になっているので、これだけの眺望があるのではないかと推測)

 

f:id:gyogo:20171010231318j:plain

 

林道から、いよいよ登山道らしさ漂う細い道へ入っていきます!

 

f:id:gyogo:20171010231350j:plain
f:id:gyogo:20171010231401j:plain


さすが秋、きのこがあちこちに生えています。

種類がわかるだけの知識はないので、見るだけに。

 

f:id:gyogo:20171010231502j:plain

 

山頂から少し下ったところにバイオトイレが設置されています。

ここらへんは傾斜がきつく、さすがにヒイヒイ言いながら登っていました。

わたしは途中無言になってしまい、長男から心配&笑われる始末。

 

f:id:gyogo:20171010231537j:plain

 

山頂からの眺めです。 

上田までが一望できて、思わず歓声を上げました。

(ここもパラグライダーで使うことがあるのかしら? と思しきシートと吹き流しが)

 

f:id:gyogo:20171010231745j:plain
f:id:gyogo:20171010231753j:plain


お昼はお弁当&カップ麺。

山頂に着いてしばらくすると猛烈に寒く感じていたので、カップ麺を持ってきてよかったです。

 

f:id:gyogo:20171010231859j:plain

 

あまりの寒さに夫のジャケットを借りたわたしは、パンツもオレンジ色だったため、このような出で立ちになってしまいました。

夫からは「森林組合の人みたいだ」と……たしかに。

森林組合の人は山に入る時、オレンジ色の服を着ているので。

森林組合の人は、シュッとしていてかっこいいですがね。

 

f:id:gyogo:20171010232038j:plain

 

下山して、田沢温泉の「有乳湯(うちゆ)」へ。

汗を流し、冷えた体を温めました。

ここは源泉かけ流しで、お湯の温度がぬるめなので、いつまでも入っていられる気持ちのいい温泉なのです。

友人が泊りがけで遊びに来ると、「ノー」と言われない限り必ず連れて行きます。

 

十観山の登山道は、終始登りやすかったです。

山自体も手入れがされているのか、木と木の間隔が適度にあいていて、光が差し込んで、実に気持ちのいい山でした。

 

ぜひまた登りたいですね。

 

次に狙うは夫神岳のてっぺん。

これでとりあえずは、青木三山制覇となる予定です。

 

続報を待たれよ!