青木村のじかん

2016年3月に信州青木村にIターン移住

リフォーム5(台所)

f:id:gyogo:20170526165456j:plain

写真:現在のキッチン全景。

 

台所は、もし家を建てるようなことがあればココ、と心に決めていたメーカーがありました。

それは、埼玉県ときがわ町に工房を構えるステンレス板金加工の「桃ノ木製作所」。

中山さんという、わたしと同い年の男性がおひとりでやられています。

 

www.momonokiss.com

 

熊本で料理家をされている細川亜衣さんの自宅台所がここのもので、もうほんと、素敵なんです。

オールステンレスというといかにも冷たそうですが、桃ノ木さんのはあまり冷たく感じません。

プロ仕様のステンレスキッチンともまた違っていて、

おさまりの美しさ、造形のたしかさと、しぶく輝くところにニュアンスがあるというか。

 

 

f:id:gyogo:20170526165620j:plain

写真:作業台下の扉。鍋をしまっています。傷がつかないように厚地のクッション材を敷いてもらいました。 

 

そしていかにも使い勝手がよさそう。

使い手にどうとでも使われてくれるようなニュートラルなデザインも好ましい。

 

そしてそして、フルオーダー!

 

ここに予算を割くために、お風呂の予算を削りましたよ。

 

中山さんには、最初の打ち合わせで簡単な絵を描いてお渡ししました。

I型であることと収納するものもだいたい決めていたので、口頭でお伝えするより確実かな、と。

 

サイズも、わたしや夫の身長、収納したいモノの大きさから割り出しておきました。

せっかくのオーダーなので、隅から隅まで使い尽くせるようにしておきたかったのです。

 

f:id:gyogo:20170526165727j:plain

写真:作業台下の引き出し。台所用品はずいぶん整理しました。

 

何度もやりとりをして、仕様などを詰めていって、納品当日。

 

はじめて実物を見て、本当に驚きました。

ステンレスが……超キレイ。

今まで賃貸住宅の台所を渡り歩いてきて、こんなに美しいステンレスは見たことがない。

SUS304は広く使われているステンレスですが、こんなに美しいとは……。

ヘアライン仕上げの質感もあるのでしょうか。

 

f:id:gyogo:20170526170207j:plain

 写真:作業台とシンクに継ぎ目がないのもすっきりしていて好ましいです。キッチン周りのパネルは、タカラスタンダードのホーローパネルです。質感がよくて手入れも簡単なのですが、継ぎ目や端の処理が残念……ホーローの美しさが台無しと思うのはわたしだけ? コーキングなんかもそうですけど、強度も見た目も技術革新してほしいと思うところのひとつです。

 

 

そして、丁寧かつ慎重な設置作業。

見えなくなる裏、引き出しや開き戸の中も、隅から隅までなんという美しさ……。

中山さん……この人、マジなプロだわ……。

 

 

f:id:gyogo:20170526165901j:plain

写真:ガスレンジ下の引き出し。調味料と木べら、お玉などを収納しています。ガスレンジとガスオーブンはハーマンの「プラス・ドゥ」です。

 

設置が終わると、計算しつくされた美しさに再度胸を射抜かれました。

換気扇、照明、上の棚など、すべてが美しい配置で収まっていて、どこを見てもガッカリがない。

嫌なところもない。

この、ガッカリや嫌なところがまるでない、というのがすごいと思います。

 

f:id:gyogo:20170526165957j:plain

写真:照明カバーも中山さんの製作です。換気扇は、シロッコファンだと掃除が面倒だと感じ、プロペラ式にしました。中山さんが選んでくださいました。

 

 

そんなわけで、台所はお客さんにかならず褒められます。

 

毎日使っているので傷もついてきたけれど、うっとりさせてくれるのは相変わらずです。