青木村のじかん

2016年3月に信州青木村にIターン移住

リフォーム3(施主支給)

f:id:gyogo:20170525142105j:plain

写真:ダイニングからリビング全景。 

 

今回は施主支給をがんばりました。

 

大きいところでは台所、薪ストーブ。

 

小さいところでは、ドアノブ、タオルハンガー、郵便ポスト、ドアフォン、照明器具一式、トイレの床の仕上げ材(クッションフロア)など。

 

施主がいろいろ揃えるのは、一般的には面倒な作業だと思います。

わたしは好きなので、ホクホクしながらやっていました。

何でもいいですというタイプの人間ではないため(ええ、めんどくさいです)、自分で選んでくるほうが気が楽なのです。

夫はこだわり皆無なので、好きにやらせてもらいました。

 

施主支給は、工務店や設計者によっては嫌がられる場合もあるかもしれません。

注意が必要なのは、取り付けはともかく、物自体の責任は工務店や業者さんは負わないという点です。

不良品であった場合、購入したお店に自分で交渉をする必要があります。

 

では、施主支給の詳細をば。

 

 

f:id:gyogo:20170525142540j:plain

台所は、埼玉県ときがわ町に工房を構える「桃ノ木製作所」。

 

 

f:id:gyogo:20170217104713j:plain

薪ストーブは軽井沢の「大野ファクトリー」。

 

 

f:id:gyogo:20170525142614j:plain

クッションフロアは工務店さんのカタログでは抗菌仕様のものしかなく、そうではないものを自分で探しました。

しかしどうにも見つからず、泣く泣く抗菌仕様に目をつぶって選ぶことに。

 

柄は消極的選択でレトロタイル調です。(写真は増築部分のセカンドトイレ)

クッションフロアは正直柄が難しいです。

石目調、木目調、フローリング調、ファブリック調、タイル調など、「調」な柄がほとんどなんです。

ニセモノ感がどうしても漂うため、気になる人は割り切りが必要です。

ただ、コストと施工性とメンテナンス性は抜群です。

トイレ、キッチン、洗面脱衣所の床ではおなじみですね。

 

 

f:id:gyogo:20170525142720j:plain

f:id:gyogo:20170525142735j:plain

ドアノブは「堀商店」。
ドアノブとしては高価ですが、堅牢さに優れ、デザイン性はピカイチです。

今回は3か所だけだったので奢りました。

 

ドアノブを買った堀商店は、東京・新橋に本社があります。

建物自体がかなりレトロで文化財級のもののようです。

対応してくださった方はドアノブの構造について丁寧に教えてくださいました。(その中に老舗の矜持がちらっとのぞくのがまたよくて……)

 

 

f:id:gyogo:20170525142809j:plain

タオルハンガーはR不動産の「toolbox」。
ステンレス棒を曲げただけのシンプルなものです。マットな仕上げも好みです。

R不動産は変わった不動産を扱っているだけあって、
「toolbox」でも他ではお目にかかれないような建材やインテリア関係の物がいろいろ売られています。

 

 

f:id:gyogo:20170525142901j:plain

郵便ポストは「ポストショップオンライン」。

郵便ポストだけを売っている通販サイトです。

完全に見た目だけで選びました。イタリア製のアルミ鋳物です。

 

ドアフォンは「パナソニック」。

カメラ付きで録画機能もあるものです。

不在時の来客を確認できるのが、ご近所付き合い的に助かります。

 

 

f:id:gyogo:20170525142940j:plain

ダイニングのペンダントライトは、建築家・中村好文さんデザインの

「PERA+PESO」。バランサーつきで高さを変えられます。

 

 

f:id:gyogo:20170525143003j:plain

リビングのブラケットライトは、悩んだ末、ルイスポールセンのAJウォールライト(サンド)にしました。

 

そのほかは、オーデリックとDAIKOのものを選びました。

 

工務店の方が「照明器具は施主支給がおすすめです」と言っていました。

そのほうが格段に安く買えるからです。

(まあ、その分工務店や業者さんに利益が入らないことになりますが)

仕様を確認して、配光も考えなければならないので大変ではありますが、確かに定価よりだいぶ安くあがりました。

 

 

ドアノブと「PERA+PESO」以外は、ネットを通してのお買い物でした。

ネットがなければもっと大変だったと思います。

 

そんなわけで、ネットがある今ならば、そして諸々条件が許すならば、施主支給はおすすめです。

なんといっても、楽しいですから!