読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青木村のじかん

18歳まで大分→東京に21年→2016年3月から長野県青木村へIターン移住。どうなることやら!

中古住宅を探せ!

移住

村営住宅の空きを待ちつつ、
とりあえずは中古住宅を探してみることにしました。


夫がネットなどで見つけてきたもの、
役場の空き家バンクで紹介してもらったものなど、
都合4軒内覧しました。

 

1軒目は沓掛温泉にある(村内には温泉が2つあるのです)中古住宅。
傷みが激しいのと、すぐ後ろに山肌が迫っているのが気になりました。
雨の日に見たのもよくなかったかもしれません。

 

2軒目は田沢温泉近くの三角屋根の家。
ここは贅沢にもぶどう畑つきです。
東京に住む人が別荘として建てたそうで
それなりに凝った造りでしたが、いかんせん古いのと、
傾斜地で背後に2メートルほどの崖を背負っていて
湿気が大いに気になりました。
テレビのリフォーム番組ではありませんが、
いったんスケルトンにまでしないと厳しい感じです。

 

3軒目は村の中心部に近い、いわゆる古民家。
かなり大きくて、2階はかつて養蚕をやっていたとか。
土地も広く、これは家や庭の手入れだけで毎日が終わりそう……。
水回りはもちろん、家は全体的にかなり手を入れないと厳しい感じで、
資金が潤沢にあって(もしくは長期のDIYをコツコツやる気力)
「ぜひとも古民家に住みたい!」という情熱がないと
難しい物件だと感じました。

 

わが家は、家自体が古い分にはあまり気にしていませんでした。
もちろん、傷みが激しすぎるとリフォーム代が新築よりかさむのできびしいですが、
一部リフォームで回復可能なら、
人の家を住み継ぐのは悪くない、いや、おもしろそうだと考えていました。


役場の方は、
空き家はたくさんあるのだけれど、
家の中につめこまれている代々の家財道具の処分が難しくて、
あるいは家の補修がたいへんで、
貸したり売ったりがなかなか進まない、
とおっしゃっていました。

 

家財道具の処分は、たしかに大変です。
まず、家族の中で意見が分かれるでしょう。
夫と妻で、親と子で、
「これは捨てたい」「いや、だめだ」となることは想像に難くありません。

 

捨てるところまでこぎつけても、処分の手間とお金はバカになりません。
青木村は粗大ごみの回収は春と秋の年2回だけ。
それ以外は上田市の廃品回収業者にお願いするしかありません。
都会では考えられない量になることも多く(たんすだけで何棹も、とか)、
気軽に処分できる感じではないようです。

 

この50年ほどで、家に求めるもの、そしてライフスタイル自体が
ずいぶん変わってしまったのだな……としばし黙考。
そもそも、
核家族でIターン移住するということ自体が、昔はありえなかったのでしょうね。